プロフィール

しかぱっち

Author:しかぱっち

ダジャレ図鑑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
ブログは5ヶ月弱放置してましたが、水槽も餌やりと足し水以外ほぼ放置してました。

レッドシーマックスにはDinosと思われるシアノがでてましたが4ヶ月放置していたところ、いくつかのSPSが☆。
また、カルサイトの粗めの粒を底床にしていたためカーリーが根絶不可能な状態まで大増殖。
生物層のバランスが崩れたのかワラワラは完全消滅。普通の藻もえらいことに。

Dinosとカーリーの両猛者を相手に奮闘するテンションもなかったので、仕方なくSPSを栄養塩たっぷりの魚・ソフト&LPS2連結水槽に1ヶ月ほど前に移し、レッドシーマックスを空にしました。

前回LPS水槽に使った水昇岩がなかなかイイ感じなので、レッドシーマックスも水昇岩を使ってみます。

設定当初は岩を少なめに、コンセプトは枯山水だったのですが、バックが黒なのでどうもキマらない。
仕方なく大きめの水昇岩を3つほど使い、屏風なレイアウトに。
CIMG2264.jpg

底床はカルサイトの粗粒はやめて、白さと細かさを追求した結果、マメカルシウムサンドを採用。
購入してみて気づいたのですがこの砂、結晶形はアラゴナイト型というよりはカルサイト型に近く、私的にはGood。
薄めに敷くつもりでしたが2袋も入れたら結構な厚み(3cmくらい)になってしまいました。
メーカー推奨の厚みには全く達しませんが、色と質感しか期待していませんのでOK。

塩は3.11の震災後まとめ買いしたA社の超安物。1年半以上未開封でしたが完全に固まっていました。
が、気にしな~い。

生物層ゼロからのスタートなのでB4マリンを使いながら1ヶ月くらいは空回ししておく予定。

サンゴはグリーンのソフトかSPSを考えています。魚は妄想中。。



スポンサーサイト

2012/11/12(月) 01:02 | コメント:9 | トラックバック:1 |
衝動買いでレイアウト用に水昇石を入れてみました。

CIMG1815.jpg

水昇石ってのは人工溶岩で、富士砂を粘土で成型して焼成しセラミックにしたものらしい。

山野草の園芸鉢として専ら使われるようですが、ものすごく通水性がよいのが特徴。LRの比ではありません。
形も自然でいいのですが、何より漆黒な色は蛍光サンゴによく合いそうです。

だれが名付けたのかわかりませんが、形によって作品名がつけられています。

これは"立山"。切り立った山のようです。
CIMG1816.jpg

これは"綾泉"。オオカワリギンチャク全4個体をLRから引っ剥がして格納。早速1匹逃走。
CIMG1818.jpg

これは名もない"手びねり切り株鉢"。ウミサボテン専用。
CIMG1810.jpg
こっちの魚&ソフト水槽はほぼ同時に底砂全交換したのとMP40WのWetSideが完全に逝かれたのでデトリタスがいまでも舞っています。
真っ黒な水昇石なので白いデトリタスを被ると目立ちます。

気が付いてみれば、これを以って我家の3つの水槽からすべてのライブロックが消えました。
決してライブロックが嫌いなわけではありません。成り行きです。



2012/06/06(水) 01:09 | コメント:3 | トラックバック:1 |
4週ほど前にMajano Wandを使ってカーリーを痛めつけましたが、肝心の動画をとっていません。
両手で操るWandなので撮れないんですよね。。

てなことで、メーカーのサイトからとってきました。

注)画像の男性は私じゃありません。Marine DepotのStaff?

ごらんのようにWandの先端の電極から微細な泡が出ていますが、この泡でカーリーをやっつけるわけではございません。
電極がカーリーに触れてないと効果なしです。だから砂の上のカーリーや電極が届かないような隙間から生えているカーリーはちょっと苦手。しかし電極が確実にヒットすれば局所再発はまずないです。

あの泡はなんでしょうね?
蕨のお店の店長はオゾンだとおっしゃっておりましたが、オイニーはオゾンというよりほのかに塩素の香りです。
そこで実験。グラスに海水を入れ、pH計をセットし、Majano Wandで通電します。(動画見づらくてすいません)

たぶん2NaCl + 2H2O → H2↑ + Cl2↑ + 2Na+ + 2OH- ( →H2↑+ClO-+Cl-+2Na++H2O )と反応し、アルカリ性に傾くかと思いきや、pH7.9から通電直後一気に3台まで・・4まで回復したあとに通電を止めるとすぐに7.9にもどりました。あれ~?
電子式のpH計だと通電に左右されるのかな? また別の方法で実験してみます。
なお、気体を貯めて火をつける勇気はありませんでした(汗)。

ちなみに殺り損ねたカーリーは化学的に溶解させちゃいます。
使ったのはコレ↓
CIMG1729.jpg
マリンアクアはじめてから一番最初に使った溶解剤がこれでした。最近店頭では見なくなったので通販で購入。
かつてアレコレソレも使いましたがやっぱり局所再発と遠隔転移の予防においては松橋ラボのに勝るのは経験したことがありません。

ということで今はきれいさっぱりです。
少しは再発してくるだろうけど、長期戦覚悟のうえです。
CIMG1724.jpg
CIMG1725.jpg
CIMG1726.jpg
CIMG1727.jpg
CIMG1728.jpg

2012/05/15(火) 00:54 | コメント:0 | トラックバック:1 |
オキシドール添加した2連結水槽は崩壊の危機を乗り越えコケコケではあるものの、なんとか調子を取り戻しています。

むしろ危機を乗り越えますます元気になったのがこのコたち↓
CIMG1670.jpg
カーリーが爆殖&肥大化しました。

バックウォールなんてモッサモサです↓
CIMG1671.jpg

砂の上にまでも↓↓↓
CIMG1674.jpg

CIMG1675.jpg

CIMG1676.jpg

各種の添加剤による溶解法では原発巣の再発と遠隔転移は避けようがなかったため、根治療法を模索していました。

個人的には1W級のブルーレーザーで焼き切るという手技をYouTubeでみてからコレだ!と思い、電気街を探してみましたが当然見当たらず。。中国から個人輸入するのは何かとリスキー。
仮に入手できたとしても本邦の法規制に触れるのと、万が一子供がイタズラしたらタイヘンです。
とまあ、手をこまねいていたわけです。

そんな折、蕨のお店が取り扱いを開始した杖を購入。
CIMG1680.jpg

Majano Wandです。
ちょっと使ってみたカンジではなかなか面白いアイテムです。
ネタないのでつづく。。。


2012/04/17(火) 00:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
自動更新記事です。

2ヶ月ほど前ですが新しい魚を入手しました。
CIMG1530.jpg
その魚に必要なガスは酸素ではなくヘリウムです。火気厳禁です。



Air Swimmerです。楽天から購入。
我が家の狭い環境ではご覧のとおり。我が家のチビにはあまりウケませんでした。
学校の体育館などでの保護者展示会ではきっと他の子に喜ばれるでしょうね。

宙に浮くものとしては最近こんな大人のオモチャをインテリアとして置いています。


以上、番外編でした。。

2011/11/30(水) 21:52 | コメント:4 | トラックバック:0 |
前記事を書きおえてからすぐに気持ち悪くなって、レイアウト変更。

真ん中に川が流れていて、左側が砂漠で右側がオアシスみたいな。

CIMG0785.jpg

レイアウト中は意識していなかったのですが、緑系塊珊瑚が一直線・・・

真正面からみるとかなり不自然に。。

斜め横から見るとまだ少しはマシかな。。
CIMG0786.jpg

サンゴが多すぎるんだよなあ~。

2011/08/08(月) 00:00 | コメント:3 | トラックバック:0 |
セイタカイソギンチャクことカーリーの染色は諦め、ウメボシイソギンチャクを入れました。

CIMG0769.jpg
(画像中の小さな管はヘビガイの仲間かと思われます。最近は石灰藻ではなくこんなのばっか殖えてます;)

小指の先ほどの小さな個体を6つ投入。
刺胞毒の毒成分はエキナトキシンequinatoxin。色々ググってみるとなかなかの毒性です。
攻撃用のアクロラジacrorhagiはまだ観察できていませんが、触手の長いカーリー相手にどこまで健闘するか?
たとえカーリーが勝ったとしても、ヒトによる化学的介入でウメボシの援護にまわればいいか。。

ウメボシイソギンチャクもポンポン殖えるらしいので、
びっしりとギガンに殖えたウメボシでカーリーを目立たなくする作戦です。
早く殖えてくれ~。



2011/08/04(木) 23:01 | コメント:2 | トラックバック:0 |
前回では手持ちの色素によるカーリーの染色は失敗に終わったので、
今度は染色ではなく燐光に頼ることにしました。

使ったのはコレ↓
CIMG0763.jpg
アルミン酸ストロンチウム(SrAl2O4)です。正確にはユウロピウムやジスプロシウムで賦活化したものです。

ちなみに消灯直後は↓
CIMG0762.jpg

なんとも輝かしい。我が家のカーリー畑が消灯後こんなに光るかと思うとゾクゾクします(していました)。

アルミン酸ストロンチウムは水に溶けないので、AiptasiaXやカーリーバスターと同様、懸濁して沈殿部分をそっとカーリーの口に乗せてみました。



本剤はAiptasiaXやカーリーバスターのようにデロッとしていないため、サラサラとカーリーの表面を撫でていくだけでギガン表面に落ちていきました。。。

以上、失敗です(泣)。


やっぱり遺伝子組み換えてGFPを産生するカーリーを卵から作らなきゃダメか。。
光るメダカをつくってしまった某国の研究者たち、頼みましたよ!

それどころか、恐れていたことが。。
添付のMSDSによるとアルミン酸ストロンチウムは水生生物にはやばいらしい。
MSDS捨てちゃったので詳しい値は覚えていませんが、特に魚類への毒性が高かった気がする。。

ええ・・・・しんじゃいましたよ。
あんだけ元気だったヨスジフエダイが☆。
さらに未公開だったこのハナダイギンポもこの画像が遺影になってしまいました。
CIMG0742.jpg

2匹とも岩肌を突くような魚ではなかったのに。。ひょっとしたら別の要因かもしれません。

2011/07/25(月) 00:07 | コメント:2 | トラックバック:0 |
記事タイトルは実は間違っていまして、
ホントは”カーリーとともに生きたかった”です。
と、いうことで失敗ネタです。画像もロクに残しておりませんのでご勘弁を。。
もうずっと前の実験ではありますが、真似する人がいないように失敗ネタでも一応挙げておきます。

さて本題。我が家のギガン水槽はもはやカーリー畑となっております。
バロニアもひどいけど、いやなハネモやヒゲゴケは皆無なのはまだ救い。
CIMG0758.jpg
上画像はギガンのほんの一角にすぎません。こんなおぞましい畑がいたるところにあります。

生物兵器のペパーミントシュリンプはエビ食の魚がいるからNGですし、チェルモも長期飼育できる自信がない。
となると化学兵器ということになりますがAiptasaXは一時的には効果あるもののすぐに根元から再生するし、
昔使っていたカーリーバスターのほうがまだ再生率が低かったような気がします。

もはや”カーリーとともに生きる”しか道はなさそうです。このときはそう思っていました。
幸いにも我が家のカーリーは刺胞毒はたいしたことないのか、噂ほど魚にもサンゴにも悪さをしない株のようです。

悪いのは見た目だけ。
じゃあ、見た目を変えればいいじゃん♪
カーリーがたとえ一時的にせよオオカワリイソギンみたいに蛍光イエローになったらコレはマリンアクア界の革命になるかも!?
ってことで染色作戦を実行しました。
まずはGoogle先生にイソギンやトサカの染色ってどうやってしているのか?訊いてみましたが、よくわからなかったので手さぐりで実験開始。

【用意したもの】
ゼラチン粉末、寒天粉末、スピルリナ青色素(フィコシアニン)、クチナシ黄色素(クロシン)、なんだったか忘れた黄色素、クリルエッセンス(LSS)
【方法】
方法1.レンジでチンした熱湯にゼラチン、色素、クリルエッセンスを入れてよく振って冷却。ゼリー状になった後、カーリーに餌として与えます。3色素別々に作ります。
方法2.1と同じ手順ですがゼラチンの代わりに寒天を使います。アガロースゲルとしてカーリーに餌として与えます。
【結果】
ゼラチンを用いた方法1、寒天を使った方法2でもカーリーは食べませんでした。
水の色はスピルリナ青色素、クチナシ黄色素では見た目には変化ナシ。ですがもうひとつの何だったか忘れた黄色素では水が真黄色に・・→活性炭で消えました。
【考察】
クリルのオイニーをつけてもカーリーが食べなかったのは予想に反しましたが、スピルリナ青色素、クチナシ黄色素は高分子であるため、たとえカーリーが食べたとしても組織に移行しなかったかもしれません。なんだったか忘れた黄色素はおそらく低分子だったのか、水が激しく染まりました。このままいくとシリコンまで染色しそうな勢いだったので、活性炭で急ぎ吸着除去したってワケです。
幸いにもサンゴ、魚等の生体には影響なし。

以上、失敗ネタでした。上手くいけば実用新案まで申請しちゃおうと妄想していたのですが。。
誰か上手くやってください。

ちなみに次記事で紹介する別の一手も失敗しました。つづく。。。

2011/07/24(日) 02:41 | コメント:4 | トラックバック:0 |
ちょっとお遊びでこんなグッズを購入してみました。
CIMG0688.jpg
375nmの近紫外線LEDです。購入したのはこちら
小さいので持ち運びに便利。これを隠し持って密かにSHOPのサンゴの蛍光色かいかほどか診れちゃうかも。

まずは試しに我が家のSPSたち。判りにくいですが、一応画像を載せておきます。

つうじょう                         消灯下375nm
aa1.jpg→→→→→aa2.jpg

ab1.jpg→→→→→ab2.jpg

ac1.jpg→→→→→ac2.jpg

ad1.jpg→→→→→ad2.jpg

ae1.jpg→→→→→ae2.jpg

af1.jpg→→→→→af2.jpg

ag1.jpg→→→→→ag2.jpg

上の画像ではよくわかりませんが、まとめると
【全く光らない】
ベルベット(橙・緑)、センベイ(橙)、ハナヤサイ(桃)、トゲ(緑)、A.tortosa(青)

【ポリプまたはポリプ付近が光る】
ボーン(青)、グリセアコモン(緑)、センビン(白)

【共肉または共肉とポリプが少し光る】
コモンsp、ハイマツ(緑・桃)、カロリ(緑)、シワリュウモン(緑)

【共肉または共肉とポリプがビカビカに光る】
ロリペス(褐)、デュソロウィ(褐)、ウネコモン(褐)、コモンsp(緑)、エダ系ミドリイシsp(褐)

我が家ではこんな傾向にありました。
nが少ないですし、種も正確に同定できているわけではないのでなんともいえませんけど。。
偶然かどうか判りませんが、綺麗なサンゴ(パステル化したもの)ほど近紫外線による蛍光励起が少ないような気がします。褐色でもビッカビカに光ったりするのもあります。
パステル化することによって蛍光色素も抜けていくのかな??
蛍光色素に関しては諸先輩方のブログ等に詳しく説明がありますが、難しい。




2011/07/01(金) 00:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。