プロフィール

しかぱっち

Author:しかぱっち

ダジャレ図鑑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
前回の続き。

酸欠状態で崩壊寸前の状況にもかかわらず
某有名アクアリストと歓談する機会があり、そのとき”酸欠にはオキシドールがいい”という情報をGET。

早速Google先生にレジメン訊いてみると、あまり情報がなかったのですが、
最後の一手みたいな記事もあったので試してみました。

コモンのミノウミウシ食害対策であまっていたオキシドールをとりあえず10mL(過酸化水素にして0.3g)をOF水槽(150L位)に入れてみました。

オキシドール投入直後、マガキガイがのたうちまわっています。
あああ、こりはヤバイ。マガキが☆なるとロクなことがないことは経験済み。

ムシロガイも砂からでてきてもがいています。
CIMG1632.jpg

そしていつのまにか100匹近くにまで増殖したチビサザエも転げ落ちる始末。
CIMG1633.jpg

さらに数分後には砂中のゴカイ類がでてきて水中を漂っています。
こんなのが潜んでいたのかと驚愕した15cmほどの巨大なウミケムシもハッケン(写真撮っておけばヨカッタ・・)。

このとき崩壊の2文字が脳裏をよぎりました。

以下、オキシドール添加2週間後の被害の報告です。
・サザエsp.100個体弱 ⇒ 全滅
・ハナビラダカラ3個体 ⇒ 全滅
・ニシキウズガイ1個体 ⇒ 全滅
・マガキガイ ⇒ 3個体中2個体☆、生存中の1個体動き未だ鈍い。
・ムシロガイ ⇒ 5個体中3個体☆、生存中の2個体動き未だ鈍い。
・ウコンハネガイ2個体 ⇒ 全滅
・マクガイsp.2個体 ⇒ 影響なし
・ウミケムシ100個体以上 ⇒ 生死不明。たぶん弱ってハゼに喰われたのを除き生きてる。
・石灰管のゴカイ類 ⇒ 2.3日活動認められなかったが、ほぼ復活
・魚 ⇒ 影響なし
・サンゴ ⇒ ウミアザミ(青)全滅、ディスク、LPS影響なし。だが一部のウミキノコ、ウネタケは調子悪い。
・イソギン ⇒ 一時期萎縮し、また移動した個体あるものの影響なし、ってかカーリーは前より増殖しているかも。
・イトマキヒトデsp. ⇒ 100個体以上影響なし
・ヤドカリ5個体 ⇒ 影響なし

以上、
酸欠に対するオキシドール添加効果は我家の条件では恩恵を得られませんでした。
魚ONLYのベアタンクならば違った効果もあるかもしれませんが、
底砂やLR(擬似含む)の入ったある程度安定した水槽ではオキシドールを使用すべきではありません。

巨大なウミケムシを捕獲したいのならまた話しは別ですが。。。

巻貝が☆になるとしばらく水槽を汚し続けます。
我家ではかれこれ2週間、2日に1回のペースでスキマーのクッセー廃液を掃除していましたが、
昨日の3分の2水量水換えでスキマー噴火は収まりました。

オキシドール、巻貝水槽には絶対ダメ!!

スポンサーサイト

2012/03/25(日) 00:00 | コメント:2 | トラックバック:0 |
前回のつづき。

タイトルどおりです。
が、今回は常軌を逸した愚かしい出来事を晒します。

我家では普段24時間換気しているのですが、この冬は特に寒かったので換気を止めていたのです。
我家は狭いので水槽を壁際につけています。まあほとんどの方は壁際族ではないでしょうか。

そんなこんなだから濾過槽の水位付近に白カビが生えるのは必然。

普通ならばふき取るのでしょうが、私の場合このとき面倒くさかったか他に何を思ったのか、80%エタノール(添加剤なし)で除菌してしまったのです。

しかも清拭ではなく、理化学用の洗浄瓶でピュピューと吹付。その量50mLくらい。

OF水槽の濾過槽はアクリル製なのでヒビが入りました。
CIMG1654.jpg
幸いにも水位まで達していなかったので水漏れはありませんが、この次デカイ地震きたらサンプ崩壊するかも。。

海水はすぐには変化ありませんでしたが、2日後、RSM、OF2連結水槽とも白濁。
炭素源の過剰添加で増殖した細菌を餌に酵母様真菌が大繁殖したのでしょう。

魚の呼吸数もパなくヤバイです。
そう、酸欠です。

OF水槽2台、RSM1台のエアレーション機器増設。および安い活性炭(竹炭)を設置。
1日後まったく効果なし。半量水替え×2日もまったく効果なし。

TC10付属の殺菌灯ONにしたらRSMは翌日には何事もなかったようにピカピカに復帰。
おおお、すごいぞ殺菌灯!!

が、同じくTC10接続のOF水槽はアルコールの添加が多かったせいと循環効率が悪いせいか殺菌灯では効果なし。

OF2連結水槽の魚は全部瀕死。捕獲できたピカチューカクレ2匹、インドキンギョ2匹、ブルーハムレットを新鮮人工海水のバケツエアレーションで隔離。

ピカチューカクレ2匹は一晩で復活しましたが他は瀕死のままだったので止む無く下水へ;;

ちなみにOF水槽の調子がもどるまでピカチューカクレ2匹は別水槽で隔離中。
CIMG1648.jpg

そして酸欠に対する処置がさらなる悲劇へ。
まだつづく。。

2012/03/23(金) 00:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
しばらく前にリーフエナジーが腐ったネタを書きましたが、
添加サボリで腐ったままのリーフエナジーA&Bをたま~に入れています。

そんな折、とおりすがりの誰かさんからすんばらしいご指摘をいただきました。

ボトルの裏のラベルのココ(赤丸んトコ)↓(左がリーフエナジーA、右がリーフエナジーB)
fdghj.jpg

すんげー小っちゃく書いてあります。
”Refrigerate after opening”と!
”開封後要冷蔵”ってことですか。。
ま、フツーはこのテの添加剤は冷蔵保存しますわな。私はしませんでしたけど。

気密性が高そうな容器とは思えないため、SHOPで普通にフロアに晒している古いLotは要注意ですね。

とおりすがりさん、貴重なご指摘ありがとうございました!!

2011/09/17(土) 01:45 | コメント:3 | トラックバック:0 |
Mg補給のためのReefFundationCをきらしてしまったので、DIYマグネシウム添加剤へ戻す前に、
これを試してみてみることにします。

CIMG0797.jpg

ずいぶん前に、Yamamotch氏から戴いた"にがり"です。
産地はどちらも駿河湾の戸田(へだ、と読むそうです)。富士山のミネラルたっぷりです。
左側の青キャップは戸田建設こだわり工房のもの、右側の赤キャップの方はNPO法人戸田塩の会の製品です。
どちらも海水水槽のMg添加剤として使うにはもったいないのですが、
Y氏のご厚意に甘えることにします。ありがとうございました\\。

にがりの成分をココである程度予測し、
戴いたにがり2種をRO/DI水で100倍に希釈し、ホビー試薬で成分分析してみました。
fdgh.jpg
Mg濃度はELOSの試薬、Fe濃度はRCPの試薬で測っています。
ちなみに青キャップを1.5倍くらいに薄めても、若干マイルドににはなったものの人工的な苦味は変わりませんでした。

↓はFe濃度(RCP)。
CIMG0790.jpg
画像では全然判りませんが、青キャップ(左)の方が呈色が若干濃いです。HANNAで測ればよかった。。
Mg濃度といいFe濃度といい、同じ産地でもメーカーによって結構違うものですね。
人間様の味覚では断然赤キャップの方がいいです。

100Lの水量のMg濃度を1ppmあげるのに必要な量と価格は↓
・ReefFundationC液状(100,000ppm)では、1mL=\4くらい(安いトコで)。パウダー状だったら\2.5くらい??
・戸田産にがり青キャップ(60,000ppm)では、1.33mL=\2.33
・戸田産にがり赤キャップ(40,000ppm)では、2.50mL=\10.21
以上、単純にMg添加剤として考えるなら、ReefFundationC液状を飼うよりも青キャップの方がコスト的には優秀です。
あ、ちなみに今回塩化物イオンと硫酸イオンの比は考えに入れていません。

コストを徹底的に追求するなら、DIYマグネシウム添加剤の原料を食品添加物グレード以下のものにした方が桁違いに安いです。最近は原料を20kg単位でとある問屋から買っています(我が家の場合1ppm/100L上げるのに\0.26くらい)。


2011/08/09(火) 23:36 | コメント:2 | トラックバック:0 |
1週間ほど前からリーフエナジーが腐っています。
特にAの方はちょいと嗅ぐだけで嘔吐中枢をヒットする猛烈なオイニー。
Bもクサイですが、まだビタミン臭が残っています。

この節電のご時世にもかかわらず24時間冷房ONの水槽部屋に置いていたのに。。。
取説には保存方法の指定がありませんが、このテの有機物を含む添加剤は冷蔵保存したほうがいいですね。

腐っていても残り少ないので使い切ろうと添加を続けていました。
そのせいなのかどうかわかりませんが、A.tortosaが白化。パステル化したユビ系やボーンも所々白化。
パステル化したのに蛍光灯直下で接射していたのも原因のひとつかも知れません。
いずれにせよ飽き飽きしてきたAcropora類が減っていきそうです。決してわざとじゃありません。

ちなみにこれはかなり前におまけでもらったハナタテの欠片ですが、腐る前のリーフエナジーでは一度も開いてくれなかったのに、腐ってるのを入れてから常時開いちゃってます(汗)。
CIMG0755.jpg


最近購入したSPSの紹介。久々のドストライク個体に出会いました。
CIMG0750.jpg
最初は桜色のシコロかと思いましたが違うみたい。色抜けしたエダイボサンゴにも似ていますが
どうやらウスサザナミサンゴMerulina scabriculaのようです。
危なっかしい色ですが、図鑑によると元々こういう色の個体もあるみたい。
なんとかこの色を維持していきたいものです。

2011/07/20(水) 22:47 | コメント:6 | トラックバック:0 |
久しぶりの更新です。
どうも1ヶ月前ほどからIEの調子が悪く、ケータイでネットを見ている毎日でした。
ようやくPCも復旧したので溜めていたしょーもないネタを書き綴ります。

え~前回の記事で鉄濃度をこまめにモニターするみたいなことを書いていましたが、
ちゃんとやっていました。
結果は以下のとおり↓
あうぇr
(クリックでちょっと拡大)

1週間くらいで順調に鉄濃度が消費されていくかと思いきや、その後プラトーに。
時折0.00ppmを計測したかと思えば、次の日にはまた急激に上昇。そんなことの繰り返し。
測定時間は毎日同じくらいの時刻だし、計測セルもちゃんと毎回RO/DI水で洗ってなるべく誤差を少なくしているつもりなのですが。。
R二乗値がイマイチな近次曲線を強引に引いてみましたが、Excelではこれが限界。
さらにあてにならない近次直線では一応毎日0.0043ppmずつ鉄が減少する模様。。

もうわけがわかりません。試薬がなくなったのでもう終了します。
というか計測にもう飽きたというのが本音。

飽きたと言えば最近ミドリイシの飼育にも飽きました。
魚さえ抜けば低栄養塩で蛍光灯でもそこそこ綺麗になることが判ったし、RCPも飽きに追い討ちをかけましたね。
上図でRCPの添加を中断したのもパステル化しすぎて幾つかのミドリイシが調子を崩したせいです。

アクアテンションは決して落ちていません。
ミドリイシ以外の他のサンゴを使ってどうしてもやりたい水景があるので、しばらくはミドリイシを足すのをやめることにします。
理想の水景は妄想段階で本当にやるかやらないか迷っていますが、やるとしてもまだま~だ先になりそうです。



2011/06/29(水) 00:29 | コメント:2 | トラックバック:0 |
RSMでは約1ヶ月ぶり、RCP添加し始めてから初の水質測定です。
pH=8.0(Tetra)
KH=7.5(ELOS)
NH3>0(Tetra)
NO2>0(RTL)
NO3>0.00(RCP)
PO4=0.02(HANNA)
K<320(RCP)
Ca=480(ELOS)
Mg=1200(ELOS)
SiO2>0(RTL)
I2>0.09(RTL)
Cu判別不可(RTL)
Fe=0.00(HANNA) =0(RCP)

Mgが思ったより消費少ないです。一方Kは激減。NO3-PO4-XとVSVモドキ併用すればこのジレンマは解決できるかもしれない。

特筆すべきはFeが0.00。。
CIMG0570.jpg  CIMG0571.jpg
RCPやる前も0.00だったので1ヶ月前に一気に15mLほどReefColorsCを入れてから以後、1mL/day入れていたのに。。HANNAでも検出されないとは。

鉄の消費が激しいのか?、はたまたReefColorsCが疑わしいのか?。。
とりあえず後者を検証してみることにしました。

我が家のRSMの水量は大体100Lくらいなので、ReefColorsCを15mL入れてみます。
理論上は0.15ppm鉄が上昇するはず。。
10分後測定してみました。
CIMG0572.jpg  CIMG0573.jpg
HANNAで0.23ppm、RCPで0.15~0.25ppm、10分ではReefColorsCが均一に混ざらなかったかも知れませんのでこんなもんでしょう。。
ということで後者の仮説は棄却されました。RedSeaさん疑ってスイマセン。。
では前者?今後こまめにモニターしていきたいと思います。

話し変わって最近購入したお魚の紹介。
CIMG0589.jpg
LPS水槽にコンゴウフグ入れました。
ココ最近の"名前をなくした女神"たちのスイハイに備えて、女性人気キャラ入れてみましたが、女房の話だと今のところ触手を動かした女神はいなかったみたい。ミナミハコフグにすればよかったかなあ。。



2011/05/30(月) 00:34 | コメント:3 | トラックバック:0 |
ネタないのでRCPの続きでも。

RCP始めてから1ヶ月弱。
結論。いいです。
今までいくつかDIY添加剤を作ってきたり、リアクタに変な石入れてきた私としては認めたくありませんが。。

ブランドが同じだけあってRedSeaMAXでもちゃんと結果が出ております。

まずは水槽全景。RedSeaMAXの蛍光灯ONLYにしてはいい色でてますでしょ??
あ、MENBの食害にあった全コモンは戻してます。
MENBは駆除しきれていませんが、最近"名前をなくした女神"のスイハイがチラホラあるもので、
駆除完了せぬまま再び水槽へ。。
CIMG0567.jpg

よく分からないと思われますので上から↓
CIMG0564.jpg
左端のウンコ色のユビ系は薄紫になってきました。右上端のA.tortuosaもバッチリ青色です買ったときより綺麗。
上中央のイボハダハナヤサイも今まででの低栄養塩では白ずんでいたもののピンクがのってきました。

CIMG0563.jpg
右ハイマツはイマイチです。BBのときのほうがよりPINKYだったかもしれません。
左下ハイマツも緑というより黄色です。真正面からみると茶色ですが。。。

CIMG0565.jpg
右のボーンも買ったときよりパステルブルーです。

CIMG0566.jpg
コモン類、ベルベット類はブランクあったものの全く変わりないですねえ。。

添加スケジュールですが、しばしば入れ忘れありますが
消灯1時間後 NO3-PO4-X 1mL/day Reef Energy A,B 4mL/day
点灯5時間前 Reef Colors A~D 1mL/day
です。

我が家ではこの方法だと、青紫系の発色がよくなるようです。
何が効いているのか分かりませんが、やっぱReefColorsDかな?

次回は水質検査でも。



2011/05/28(土) 23:45 | コメント:2 | トラックバック:0 |
さてさて懸案の超浮遊珪藻であるSkeletonema costatumによってリン酸は下がるか?ということですが、
実験を始めました・・・そして実験終了!

方法は魚&LPS&ソフト&ギガンの2連結水槽にSkeletonema costatum培養液を朝入れて、その日の夜にHANNAでリン酸値を測定。
実験中は一切給餌しておりませんし、他の添加剤も水換えもなし。

さて結果は
Day0朝 Skeletonema costatum 0mL添加  夜 Phosphate1.73ppm
CIMG0537.jpg

Day1朝 Skeletonema costatum50mL添加  夜 Phosphate1.67ppm
CIMG0540.jpg

Day2朝 Skeletonema costatum50mL添加  夜 Phosphate1.76ppm
CIMG0541.jpg

リン酸値が変わらないのでSkeletonema costatumの添加量を増やしてみました。
Day3朝Skeletonema costatum100mL添加  夜 Phosphate測定サボり
Day4朝Skeletonema costatum300mL添加  夜 Phosphate測定サボり
Day5朝Skeletonema costatum300mL添加  夜 Phosphate1.64ppm

CIMG0544.jpg

と、いうことで実験失敗です(泣)。
サンゴや魚などの生体の調子は変化なしです。

考えられる原因ですが
・実はSkeletonema costatumの培養に失敗していた?
・Skeletonema costatumは水槽内の微小生物によって速やかに駆逐された?
・砂、ギガン、LR等からリン酸が溶出し平衡を保っていた?
私のノーミソで思いつくのはコレくらいしかありません。

半年間の妄想がわずか5日で失敗と終わってしまったことは残念でしたが、ガラス面の付着珪藻が出にくくなったのが唯一の救いでしょうか。
培養液の材料はまだ余っているので材料がなくなるまで培養&添加を続けます。

2011/05/21(土) 03:25 | コメント:2 | トラックバック:0 |
RSMにRCPをやり始めてから1週間くらいです。
GW中家を空けていたりした日もあったので、実質の添加は4回しかしていません。

1日目 NO3-PO4-Xを1mL ReefColors A,B,Dを各1mL,Cを15mL ReefEnergyA.Bを各4mL キートセロス,ナンノクロロプシス各20mL
2日目 NO3-PO4-Xを1mL ReefColors A,B,C,Dを各1mL ReefEnergyA.Bを各4mL キートセロス,ナンノクロロプシス各20mL
3日目 外出中
4日目 外出中
5日目 NO3-PO4-Xを1mL ReefColors A,B,C,Dを各1mL ReefEnergyA.Bを各4mL キートセロス,ナンノクロロプシス各20mL
6日目 サボり
7日目 NO3-PO4-Xを1mL ReefColors A,B,C,Dを各1mL ReefEnergyA.Bを各4mL キートセロス,ナンノクロロプシス各20mL
8日目 サボり

ちなみにキートナンノは1週間くらい前から先行して入れています。

まだ1週間なので結果は出ないかと思っていたら、
ミドリイシ2個体に劇的な変化が現れました。他のSPSには全く変化がありません。

まずはコチラ↓
CIMG0496.jpg
このユビはウンコ色そのものだったのですが、色が抜けて白ずんできました。
上からみるとさらに抜けてきていることがわかります。
CIMG0506.jpg
昔BBBやってたときでも良いときで若干薄くなりましたがここまで短期間で色抜けしたのは初めてです。ちなみに3年前に購入したときはこんなでした↓色も形も当時の面影は残っていません。
PO20080802_0017_convert_20080802224212[1]
この色に戻してくれたらRCPすんごい宣伝しちゃうかも。。

もうひとつはこの深場系。
CIMG0500.jpg
元は茶緑でしたが、RCPやってからほぼ真っ白に。危なっかしいカンジではないです。

あと変化といえば、
・コモン食ウミウシが元気になってきた。→ReefEnergyでブーストかけちゃったかな?
・ガラス面のコケがほとんどつかなくなった。→キートとナンノ入れてからなのでそっちの効果かも?
・ナニかが卵を産んだ↓
CIMG0489.jpg
初めて見るタイプの卵です。なんだろ?
こいつだったらいいなあ。
CIMG0493.jpg
かなり前に石垣の限られた海域でしか採れないというレッドカノコ10匹入れてみましたが、すぐに6匹☆に。
あとの4匹はずっと生きています。あ、コケ対策ではなく見た目に惚れて買ってます。ココで買いましたが今はシーズンオフかな?
カノコに似ていますが殻がザラザラしているので別種のようです。

えっと、2連結水槽ですが上と同じタイミングで
NO3-PO4-Xを2mL、ReefEnergyA.Bを各2mL、キートセロス,ナンノクロロプシス各20mL
入れていますが、サンゴたちにはなーんの変化もありません。
でもやっぱりガラス面のコケはほとんど出てきません。これはやっぱキートの効果ですかね?

とまあ、いろいろごちゃごちゃ入れているのでなんの効果かよく分かりませんが、とりあえず悪い方向には行っていないようです。いまのところ。


2011/05/10(火) 02:40 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。