プロフィール

しかぱっち

Author:しかぱっち

ダジャレ図鑑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
岩をいれてみました。

PO20080831_0005_convert_20080831112507.jpg

AREAが輸入しているKorallenweltの擬岩
壁タイプ(40×45)2枚と普通のタイプ2個購入。

壁タイプのものは値は張るがライブロックよりも格段にサンゴのレイアウトがしやすい。
またライブロックのようにレイアウト中に岩が崩れるといった事故もない。

フロー管があるため、サイドの方は石膏用ノコギリで30分ほどかけてちょうどよい幅に切断。
PO20080831_0006_convert_20080831112606.jpg



なんといっても擬岩の最大の魅力は
この無機質なモノに命を吹き込ませることができることだろう。

AREAのレイアウト水槽の擬岩のようにさせるには1年以上熟成させねばならないそうだ。

アク取りは必要ないらしいが一応真水で一晩空回しさせておこう。
スポンサーサイト

2008/08/31(日) 12:09 | コメント:2 | トラックバック:0 |
最近ある水槽をみてしまってから同じような水槽を無性に作ってみたくなり、

・・・買ってしまった。

PO20080830_0001_convert_20080830034810.jpg

AQUANICS社製の60×45×50cmOF水槽。
配管パーツもガラス蓋もセットになっていて価格も大手メーカーよりずっと安い。
エッジの仕上げの良さにこだわりを感じる。高さプラス5cmもウレシイ。

キャビネットは興和システムサービスのもの。まあ普通。

サンプはマリンルートワンオリジナルの中古。

ポンプはRSD-20A。

以上、まとめてマリンルートワンで購入。
ここは商業誌に広告を載せないというポリシーゆえ
器具類は破格ともいえるほど安いお店である。

この水槽は半年ほどかけてゆっくり立ち上げていく予定。

なんとか配管を終え、これから水を張っていくのだが水漏れしないか心配。


2008/08/30(土) 05:24 | コメント:2 | トラックバック:0 |
先日いれたポーラスシーロッドが☆に・・・。
PO20080828_0004_convert_20080828231751.jpg

2,3日前からところどころ黒く変色し始めた。
ちょうど火で炙って焦がしたような感じ。
今日はついにポリプも出さなくなったので、水を悪くする前に出してしまった。

以前ヤナギカタトサカの剪定に失敗して傷口が黒く変色してしまい腐らせて
しまったことがあったが、そのときの傷口の色のような感じ。

レイアウトするときにベタベタ触りすぎたのかもしれない。

キショいといって愛情を注いであげなかったからかもしれない。


2008/08/28(木) 23:31 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ネタがないので古株の紹介でも。

春頃だったとおもうが、気性が荒いのを知らずに綺麗という理由だけで買ってしまった。
縄張り意識は相当強いがカメラを向けると隠れてしまうシャイなヤツなので
遠距離撮影後拡大。
PO20080821_0005_convert_20080825231351.jpg
サンライズドティーバック(B-BOX産)。
なにを食べているのか分からないが、いつもメタボっ腹。

とにかく相当な暴君だ。この水槽のヌシである。

このコに殺されたのはこのコたち。
CIMG2233_convert_20080825233228.jpg
いまは亡きブラックキャップバスレットとハナゴンベ。
さらに
CIMG3077_convert_20080825233138.jpg
ちいさなホワイトソックス。
さらにさらにタマムシサンゴアマダイプリンセスモノクルブリームまでも全滅に追い込んだ。

なんとも憎いヤツだが最近はちょっと重宝している。
現在の攻撃対象はイエローコリスだけになってしまったが上手くかわしている。
その激しい追跡劇のおかげで底砂のデトリタスを適度に舞い上げてくれるのだ。
ヤツがいなかったら手の届かない背面はデトリタスが積もり積もっていただろう。

2008/08/25(月) 23:59 | コメント:2 | トラックバック:0 |
サブ水槽のヤギに乗じてレッドシーマックスのLR左側の絶壁部分には好日性ヤギを配置した。

PO20080823_0007_convert_20080823182329.jpg

上手く配置できたが、ちょっとヤギが大きすぎたせいかバランスが悪い。
この半分くらいの大きさだったらきっと良いだろうに。
ヤギは折って株分けできるものだろうか。

購入したのはポーラス・シーロッド(生麦産)。
ポリプを開いた状態↓
PO20080823_0005_convert_20080823182515.jpg

ポリプを閉じている状態↓
PO20080823_0002_convert_20080823190402.jpg

画像だと判りにくいがキショイ色彩だ。
全体の大きさがさらにそのキショさを加速する。
共肉はニンゲンの虚血状態の皮膚の色。ポリプはそれよりやや褐色。
自然下ではポリプが黄や緑になることもあるらしいから上手く揚がってほしいものだ。

2008/08/23(土) 19:11 | コメント:2 | トラックバック:0 |
先日オチたミドリイシのスキマ埋めにはツツウミヅタ蛍光グリーンと決めていた。
メジャー種だが今まで飼育した経験はなかったのだ。

珊瑚堂に初めて行ったとき小振りの良い個体があったのを思い出して行ってみると、
まだ残っていた!

PO20080821_0001_convert_20080821234655.jpg
ショップでははちきれんばかりに全開だったのだが、うちではご覧のとおりヨレヨレ。。

水流がやや強いところに置いたのも原因のひとつだと思うが、

最大の原因はこのコたち。

PO20080821_0002_convert_20080821234749.jpg
インドカエルウオ(カジカ産)や


CIMG3078_convert_20080822000356.jpg
スカンクシュリンプ(A.I.産)が
動き回るためポリプを閉じてしまうのだ。

蛍光グリーンはレッドシーマックスの照明では白色が強すぎるため目立ちにくい。
夜もしぼんでしまうため、あのショップでの状態の再現は不可能のようだ。



そんなことを無意識的に察知したのか、あのウスコモンを追加で衝動買いしてしまったワケだ。。

2008/08/22(金) 00:41 | コメント:2 | トラックバック:0 |
最近の水換えは水道水をマスキングして使っており、
近所のスーパーで汲んだRO水は足し水等に使っていたが、
ついにRO/DIフィルターを購入してしまった(B-BOX)。
PURELITY社のレボリューション150GPDとイオンエクスチェンジャー。
PO20080818_0000_convert_20080820052401.jpg


横浜市民なので地元のM社を応援してあげたいが、M社はボリすぎ。
本品はオープン価格なので一概に比較できないが小売値でもM社の同グレード品の半額に近い。
RO浄水器の浄水性能はどのメーカーも同じなのだとか。それなら安いほうがいい。

組み立ても思ったより簡単。しばらく通水しTDS値が0になったことを確認したところで、
では早速




PO20080818_0002_convert_20080820052604.jpg
ウイスキーの水割りをつくってみる。
味は・・・マズイ。キレがない。
水道水のほうがずっとキレがよくウマイ。ミネラルって重要かも。

つづいてコーヒー(インスタント)。
PO20080819_0000_convert_20080820051946.jpg
水道水と飲み比べてみたがあまり変わらない。
むしろ若干だがRO水のほうがおいしい気もする。

ちなみに近所のスーパーのRO水のTDS値はというと、採水直後で3ppm。思っていたより優秀だ。
シリカが2ppm以上検出されたことを考えるとこのスーパーのRO水に含まれる不純物の大部分はシリカということになる。

2008/08/20(水) 19:01 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コモンネタでもうひとつ。
ずいぶんと前にカジカで購入した謎のSPS。
PO20080817_0001_convert_20080818234212.jpg
コモンサンゴで入荷したらしいがポリプのカンジがどうも違う、
A木氏によるとエンタクミドリイシかも、とのこと。

パッと見、地味な色だが
成長点は赤紫がのっておりポリプは乳白色。フラッシュ撮影なので本来の色が出ていませんが。。
PO20080817_0004_convert_20080818234251.jpg
PO20080817_0004gyg_convert_20080818234357.jpg

この謎のSPSの名称分かる方教えてくださいm--m

2008/08/19(火) 00:07 | コメント:3 | トラックバック:0 |
もうSPSは入れまいと決心したのに、珊瑚堂にいったらやっぱり買ってしまった。
「でもミドリイシじゃないから・・しかもブリードだからダイジョウブ♪」と自分を正当化する。

ウスコモンサンゴ2色セット。
PO20080817_0002_convert_20080818001419.jpg

2枚付いているのに1枚分のお値段。しかも安くしてもらったv
薄紫のウスコモンは珍しいのだとか。

ピンクの方もパステル色で綺麗。ちょっと巻き始めている。
このテの色の”ミドリイシ”はウチでは褐色化してしまうが”コモン”はどうか・・・

大きくなったらどちらか割るようにアドバイスいただいたが、
この2色が絡み合って巻いていくのも見てみたい気がする。

大変良い買い物をしたが、本来の目的はこのコではなくてソフトコーラル。
まだ開いていないので後日アップします。

2008/08/18(月) 00:09 | コメント:2 | トラックバック:0 |
以前レッドシーマックスではタカノハヅタやウミブドウ、ヘライワヅタといった
カウレルパ属の海藻を入れていたが
画像のとおり繁茂しすぎて手を焼いたので
CIMG3037_convert_20080816222355.jpg


今回のサブ水槽の海藻はカウレルパ属はやめて
小さなヒロハサボテングサ(カジカ産)2本と
PO20080816_0024_convert_20080816212918.jpg

大きなコサボテングサ(カジカ産。画像左)1本を投入。
PO20080816_0008_convert_20080816213027.jpg
サボテングサだけだと光量が些か心配だったので
バックにあるモジャモジャ系(名称不明。日海センター産)も投入。
このモジャモジャ系はレッドシーマックスでも飼育していたが成長がゆっくりで
かつ枯れにくく、ヨコエビなどもよく発生していたので重宝していたのだ。

2008/08/17(日) 22:01 | コメント:0 | トラックバック:0 |

珊瑚 ヤギ

サブ水槽に海藻とヤギを追加。
PO20080816_0020_convert_20080816203524.jpg

以前と比べるとレイアウトのバランスすこしマシになったかな。。
しかしながらまだ違和感は拭いきれない。オオバナが大きすぎるのだ。
9Wの照明でもレッドシーマックスと変わらず膨らむとは。。

ヤギは日海センター産。
陰日だしいままで見向きもしなかった種だが、なぜかこのサブ水槽にいれてみたくなったのだ。
ポリプ全開のときに近くで見ると綺麗。この黄色のコはいつもポリプ全開。
PO20080816_0019_convert_20080816203651.jpg

この紫のコは気まぐれでポリプ出したり出さなかったり。
PO20080816_0016_convert_20080816203607.jpg

給餌頑張って長生きさせねば。


2008/08/16(土) 22:08 | コメント:2 | トラックバック:0 |
悪いことが続く中ちょっとだけイイことも。

実は1ヵ月前に何らかの原因でホンケヤリの鰓冠がとれてしまっていたのだが
昨日再生を確認。
現段階ではサイズは以前より小さいが、彩りは元にもどったようだ。
PO20080814_0000_convert_20080814235725.jpg


2008/08/15(金) 00:04 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ハイマツ蛍光イエロー、1週間ほどまえから共肉が若干痩せてきているかとおもったら、
外周から白化し始めた。Com2で栄養補給するもまったく効果なし。
水質は問題ない。若干レイアウト変えたせいで当たる水流が変わったのが原因か・・?
PO20080813_0001_convert_20080813160251.jpg

つづいて購入したばかりのマルティキュータも白化。
おそらくレイアウトの際に触りすぎたのが原因だろう。
PO20080813_0013_convert_20080813160154.jpg

2つともお気に入りだったのでショック・・・。


これまで飼育したミドリイシを列挙してみると(W:ワイルド B:ブリード)

お亡くなりになったミドリイシは
ショウガW、ツツユビフィジーW、キクハナガサフィジーW、ハイマツW、マルティキュータW
とすべてワイルドもの。ウチの水槽ではワイルドものはいったん白化し始めると止まらない。

現在元気なミドリイシは
ボーンB、ハナヤサイW、イボハダハナヤサイB、スギ系W2B2、ツツ系B、ユビ系B、ハイマツB、エンタクB、スハルソノイW、ロリペスB
である。やはりブリードは丈夫なのかひとつもオチていない。

今回2個体がオチたことでスペースが大幅に空いたが、
しばらくミドリイシには手を出さないでおこう。
現状のミドリイシを綺麗に大きくしていきたい。

2008/08/13(水) 17:18 | コメント:2 | トラックバック:0 |
B-BOXのK原さんに訊きたい事があってお店に行ったが、K原さんはお休み中。。。
しばらく店内を徘徊していたら、入荷情報になかったはずのグラスシュリンプを発見。

ミカヅキコモンエビ
PO20080811_0001_convert_20080811202324.jpg

ベンテンコモンエビ
PO20080811_0002_convert_20080811202347.jpg

ペダーソンシュリンプ
PO20080811_0000_convert_20080811202259.jpg
それぞれ2,2,1と計5匹まとめて購入。



これでコンセプトどおり(小型)ハゼ&グラスシュリンプのサブ水槽が完成。
だけど何故かレイアウト的にしっくりこない。。
PO20080811_0003_convert_20080811231539.jpg
今度は海藻でも足してみよう。。窒素・燐対策にもなるし・・



2008/08/11(月) 23:34 | コメント:2 | トラックバック:0 |
好例のAQUA REIのインドネシアサンゴ大放出が8/9よりありました。

購入したのはこちらのマルティキュータ。
PO20080809_0008_convert_20080810013048.jpg

薄い黄緑色がのっているのだが、カメラに写らない。
深場系の繊細な色彩はこのデジカメは苦手のようだ。。


例のごとく”横浜から来た”といって、店長にサーヴィスしていただいたのはコチラ↓
PO20080809_0009_convert_20080810013225.jpg
スギ系極美個体(ベースグリーン先端ブルー)のカケラと


PO20080809_0011_convert_20080810013426.jpg
ホソエダ系グリーンのカケラ。

AQUA REIは所々に”元はお宝と考えられるカケラが”落ちていて面白い。
将来有望な激美個体を育てていくのも一興だろう。



2008/08/10(日) 19:10 | コメント:2 | トラックバック:0 |
天然海水ネタでもうひとつ。
我が家の目の前は京浜コンビナートの運河。
PO20080810_0007_convert_20080810120701.jpg

なのでいつでも天然海水汲み放題。

ですが、ごらんのとおり透明度は最悪。
生命活動は感じられません。
唯一白く見えるものだけを除いては。
PO20080810_0003_convert_20080810120746.jpg









PO20080810_0002_convert_20080810120827.jpg

ミズクラゲです。大きいものでは傘の直径30cmはあろうかと思われる個体が
1ヶ月ほど前から大量発生しています。
岸壁の石灰藻のように見えるものは恐らく鉄錆でしょう・・・。

この運河にはミズクラゲの大好きな何らかの微量成分が豊富にあるのでしょう。
この水に触る勇気ないので、水質は測っておりませんが。。

2008/08/10(日) 12:32 | コメント:2 | トラックバック:0 |
このスギ系(アクアステージ横浜産)。最近急速に色が変わってきている。
PO20080809_0003_convert_20080809030628.jpg
右下の枝がライトグリーンになってきている。一見白化した枝に藻がついているような感じだが、いままでの経過や、共肉のハリ&ツヤから察するに白化とは違う気がする。


3月ごろ購入したものだが、色彩があまりきれいではなかったのでずっと背面においていた。
購入して3ヶ月くらいはずっとこのような感じ。
CIMG3089_convert_20080809031338.jpg



1ヶ月くらい前から根元がほんの少しライトグリーンになりそれからずっと停滞していた。
3日前でこの状態なので、恐らく3日くらい前から急激な変化が現れてきたようだ。
PO20080805_0001_convert_20080809031424.jpg



思い当たるフシがあるとすれば、ちょうど3日ほどまえに天然海水を試しに20L換水してみたこと。
PO20080805_0004_convert_20080809033111.jpg
アキュリE.S.W。南紀串本の天然海水をお店でろ過したもの。これで20L。

天然海水は神奈川県内のいくつかのSHOPでも”三浦沖海洋深層水”が小売されている。
以前あるSHOPで購入してしばらく試していたが、
むしろ人工海水(そのころはレッドシーコーラルプロソルト)のほうが調子が良かった。
理由は明確。深層水は普栄養水であることを知らなかったのだ。
採水業者のホームページにしっかりと書いてあった・・・。
実際、レッドシーの硝酸塩テスターが真っ赤になったことを覚えている。
海洋深層水を否定するわけではないが、サンゴには向かないのではと考えられる。
このスギの調子をみてE.S.W.を買い足そうか検討中。
天然海水といえば値は張るが”しまてん”も魅力的だ。


今回本当は海水館のBL誌が目当てだったのだがついでにE.S.W買ってみたのだ。
PO20080805_0007_convert_20080809033154.jpg
それにしてもBL誌、想像以上に読みごたえあって参考になることが沢山ある。


2008/08/09(土) 04:26 | コメント:3 | トラックバック:0 |
小型ハゼ&グラスシュリンプがコンセプトのサブ水槽のはずだが
何故か中型ハゼ投入。
PO20080802_0039_convert_20080802231204.jpg
スジクロユリハゼ(恐らく♂)。
図鑑で見てから片思い。偶然、生麦で運命の出会い。即衝動買い。
餌付きもよく安定している。

ダイビングをされる方々の間では”深場の貴公子”と呼ばれるだけある。
普段はヒレを閉じていることが多いのだが、画像のように美しく開くときもある。


2008/08/06(水) 01:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ユビ系ミドリイシをレイアウトしたときに上段のライブロックが崩れてしまった。
元のレイアウトに戻せず、やむなく少しレイアウト変更。
背面奥にイエローヘッドジョーフィッシュ(生麦産)の巣があったのだが、
再レイアウト中に埋めてしまったようだ。

どうも気に入った新居がみつからないのか、2.3日あちこち掘りまくり。
飼育水は常に砂が舞っている状態。このままではSPS・LR死ぬかも・・・。
スキマーのモーターが砂噛んだらヤバそうなので緊急ウールマット復活(普段はしていない)。
PO20080805_0003_convert_20080805224436.jpg


水槽前面のトサカの根元をホリホリしているときに珊瑚礫を一掴み投入。
まだホリホリしているがようやくこの場所で落ち着いてくれそうだ。
PO20080805_0002_convert_20080805215905.jpg

トサカはスジチヂミがAREA産、ヤワタコアシがSPLASH産。
どちらも丈夫でレッドシーマックス立ち上げ時から元気。

2008/08/05(火) 22:22 | コメント:5 | トラックバック:0 |
置くところもないのに新たにミドリイシを買ってしまった。
浅場SPSは恐らくこのコで最後だろう・・・。

ユビ系は水槽導入直後、一晩にして白化させてしまった経験がある。
”レッドシーマックスのせいではない、きっとRTNだ!”と言い聞かせてきたが
このたび日本のウォール街・兜町に珊瑚堂がオープンしたのでいってみた。

諸先輩方の前評判どおり、生体の状態は良いようだ。
購入したのはこのユビ↓
PO20080802_0017_convert_20080802224212.jpg
さて、アイスブルーがレッドシーマックスの照明でどのように化けるか。。

コインパーキングの駐車料を考えるとなんだかシャクだったので、もう2つ購入。PO20080802_0019_convert_20080802224425.jpg
ハードチューブと、

PO20080802_0044_convert_20080802230855.jpg
ホワイトノーズゴビー(サブ水槽)。このハゼはSHOPでは中層をホバリングしていたのに、
ウチではどっちかというと底生。。。

2008/08/03(日) 00:47 | コメント:2 | トラックバック:0 |
運よく水槽の前にでてきてくれた

グリーンバンデッドゴビー(アクアステージ横浜産)
PO20080802_0010_convert_20080802025032.jpg


と、レッドバンデッドゴビー(アクアステージ横浜産)
PO20080802_0011_convert_20080802143809.jpg
キャンディーケインピグミーゴビー(Trimma cana)が正式名称か。

砂の大きさからもお分かりのとおり2匹とも1.5cmくらい。
グリーンバンデッドゴビーはきれいだが、実物はよーく目を凝らさないと・・・。

2008/08/02(土) 15:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
サブ゙水槽はやはり小型ハゼとグラスシュリンプでまわしていくことに決定。
カエルアンコウも魅力的で最後まで悩んだが、
あんなに可愛いの死なせちゃったらショックあまりに大きそうで・・・断念。

小型ハゼはグリーンバンデッドゴビー&レッドバンデッドゴビー(アクアステージ横浜産)
を入れたがなかなか良いシャッターチャンスに恵まれない。

PO20080731_0003_convert_20080801021852.jpg
グラスシュリンプはアカホシカクレエビ(アクアステージ横浜産)。
チョウジガイ科のサンゴと共生するそうだが、サブ水槽にはそのテのサンゴはない。
レッドシーマックスのコエダナガレハナを移住させるにはリスクが大きいか・・。

しばらく単独で様子見。
それにしても美しいエビちゃんだ。ハサミ&お尻フリフリも愛嬌たっぷり。

2008/08/01(金) 02:41 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。