プロフィール

しかぱっち

Author:しかぱっち

ダジャレ図鑑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
4週ほど前にMajano Wandを使ってカーリーを痛めつけましたが、肝心の動画をとっていません。
両手で操るWandなので撮れないんですよね。。

てなことで、メーカーのサイトからとってきました。

注)画像の男性は私じゃありません。Marine DepotのStaff?

ごらんのようにWandの先端の電極から微細な泡が出ていますが、この泡でカーリーをやっつけるわけではございません。
電極がカーリーに触れてないと効果なしです。だから砂の上のカーリーや電極が届かないような隙間から生えているカーリーはちょっと苦手。しかし電極が確実にヒットすれば局所再発はまずないです。

あの泡はなんでしょうね?
蕨のお店の店長はオゾンだとおっしゃっておりましたが、オイニーはオゾンというよりほのかに塩素の香りです。
そこで実験。グラスに海水を入れ、pH計をセットし、Majano Wandで通電します。(動画見づらくてすいません)

たぶん2NaCl + 2H2O → H2↑ + Cl2↑ + 2Na+ + 2OH- ( →H2↑+ClO-+Cl-+2Na++H2O )と反応し、アルカリ性に傾くかと思いきや、pH7.9から通電直後一気に3台まで・・4まで回復したあとに通電を止めるとすぐに7.9にもどりました。あれ~?
電子式のpH計だと通電に左右されるのかな? また別の方法で実験してみます。
なお、気体を貯めて火をつける勇気はありませんでした(汗)。

ちなみに殺り損ねたカーリーは化学的に溶解させちゃいます。
使ったのはコレ↓
CIMG1729.jpg
マリンアクアはじめてから一番最初に使った溶解剤がこれでした。最近店頭では見なくなったので通販で購入。
かつてアレコレソレも使いましたがやっぱり局所再発と遠隔転移の予防においては松橋ラボのに勝るのは経験したことがありません。

ということで今はきれいさっぱりです。
少しは再発してくるだろうけど、長期戦覚悟のうえです。
CIMG1724.jpg
CIMG1725.jpg
CIMG1726.jpg
CIMG1727.jpg
CIMG1728.jpg
スポンサーサイト

2012/05/15(火) 00:54 | コメント:0 | トラックバック:1 |
ずいぶん前にレッドカノコ10匹入れ、すぐに6匹☆になりましたが、
残る4匹が生殖を頑張ってくれて、いまや50匹以上に殖えています。
CIMG1616.jpg
(夜間ストロボ撮影)証明が消えてからワサワサと動き出します。

とはいってもレッドカノコ(実際にはオレンジ)だけが殖えたわけではなく、
モノクロの醜い固体も生まれています。
CIMG1606.jpg

CIMG1608.jpg

ざっと目視での確認ではレッド4~6匹くらいでモノクロ1匹でしょうか。
中学で習ったメンデルの優性法則を思い出しました。

それではモノクロカノコ同士の交配をしたとしたらどうなるのか??
メンデル的にはモノクロしか生まれないはず。。

とりあえず目視可能な大量のオレンジカノコをお約束していたかの氏に無断で送りつけ(汗)、
また殖えるまで経過観察します。

2012/05/06(日) 19:13 | コメント:2 | トラックバック:0 |
ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。