プロフィール

しかぱっち

Author:しかぱっち

ダジャレ図鑑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
タイトルそのまんまです。

前回の実験の際にSPS水槽のK濃度が60ppm前後と判明し、その後すぐにDIYカリウム添加剤をドバドバ添加。
60ppm前後から400ppm前後に一気に上げてみました。

それから10日後、
・青or紫のSPSの色は変わらない(ような気がする)
・緑のSPSは色落ちした(ような気がする)
・魚には影響なし(とはいってもヒメニセモチノウオだけですが)
・貝類には影響なし(とはいってもマガキとヒザラガイ、カノコガイだけですが)
・甲殻類には影響なし(とはいっても正体不明のエビとスカーレットハーミット、サンゴガニだけですが)

・ピンクハイマツが明らかに色落ちした↓
CIMG0697.jpg

・シアバクの光合成が盛んになった↓
CIMG0694.jpg CIMG0695.jpg CIMG0696.jpg
シアバクの絶対量はさほど変わらないような気がします。

ちなみにカルサイトの鉱石にシアバクがつくとこうなります。
CIMG0698.jpg
拡大するとキッタネーですがパッと見はきれいです。
クリスタルの場合、砂のようにベタ~と覆われないところがいいとこですかね。。


上記のようなデメリットだけではなく、ちゃーんとメリット?もありました。
CIMG0687_20101202192801.jpg CIMG0691.jpg
あれほどモッサモサだった海苔が溶けました。
白くみえるところが枯れている部分です。

リン酸値も海苔が溶けた影響か0.04→0.09に上昇。
褐虫藻やシアノバクテリアがカリウムやリン酸によってHAPPYになったため色落ち現象が起こったものと妄想できます。

あくまで一気に6倍以上カリウム上げた場合の1例です。
よいこはまねしちゃいけません。。

2010/12/03(金) 00:50 | コメント:4 | トラックバック:0 |
コメント

suge :

アミジグサが蔓延していたのですが、炭酸カリウム入れてから繁殖が収まってきた(ような気がしています)。

しかぱっち :

sugeさん
アミジグサもこの海苔も同じようなタイプなので、ひょっとしたら共通してカリウムに弱いのかもしれませんね。

Yamamotch :

恐ろしい実験とうか事件?
K+で増えた分の陽イオンは何かが減って、緩衝されるんでしたっけ?H+が減ってpHがアップ?

マネできないな~

しかぱっち :

Yamamochさん
測っていませんが前回の実験からpHは微増したでしょうね。そんでもってKHは急増したかと。。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。