プロフィール

しかぱっち

Author:しかぱっち

ダジャレ図鑑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
VSVモドキをやっていて水が黄ばんでいくかと思いきやあんまりしてないです。
でもこれからどんどん黄ばんでいくのは明白。
納得いくリン酸値を達成したのでそろそろ活性炭を検討してみます。

活性炭を使うと我が家ではリン酸溶出が原因か謎ですが、サンゴが色落ちするのであまり使いたくないところです。
前実験で好結果のでたBHでも以前はサンゴが色落ちしました。。
前実験でおなじく好結果のでたKZ社のは1ヶ月以上も漬けていたため気持ち悪いので捨てちゃいました。
なによりKZ社のはお値段が高すぎなのでボツ。

安くて、とことんリン酸溶出の少ないものはないかと探しています。

そこで活性炭の賦活法について最近カルく調べています。
活性炭の賦活方法には大きく分けて薬品賦活とガス賦活の2つの方法があるそーです。

薬品賦活は二酸化亜鉛、リン酸、アルカリ金属などなどを使うらしい。
ガス賦活は水蒸気、二酸化炭素などなどを使うらしい。
この辺はググるとでてくるでてくる。。

吸着性能はいろんな報告があるので薬品賦活かガス賦活かどちらがいいのかよーわかりませんが、
おそらく薬品賦活で一番低コストであろうリン酸賦活の活性炭だと、一番ネックとなるのがリン酸が溶出すること。
二酸化亜鉛やアルカリ金属で賦活した活性炭はなんとなく高そうなのと、妄想ですがアクア市場には出回ってないかもしれません。

理論的にはガス賦活のアクア用活性炭がリン酸溶出のリスクは低いかもしれません。
ガス賦活に適している材料の代表がヤシ殻や石炭らしいですが
前回の実験ではG社のヤシ殻はリン酸の過度な溶出がみられました。

今回はG社よりも価格が高いカミハタのヤシ殻活性炭を使ってみます。ガス賦活かどうかは分かりません。
それとサンプル請求でGETした正真正銘の水蒸気賦活のヤシ殻活性炭。今回はユー・イー・エス社のもの。
左からカミハタココナッツカーボン、ノーマル活性炭サンプル、光触媒(酸化チタン)活性炭サンプル、銀添着活性炭サンプル。
CIMG1019.jpg
250mLのボトルに半分くらい活性炭をサラサラと半分くらい入れて、精製水を全量が250mLになるまで入れてシェイクし、1日後再シェイク、2日後再シェイク、最後に1日放置します。前回と比べるとなんとなく酷な実験。

上澄みを濾紙でこしてHANNAで測定。ちなみに光触媒のは濾しても濁ったまま。。
CIMG0970.jpg
前回の実験ではバッグに入れて、大水量の熱RO水×3回リンスで1週間放置でしたが、
今回は原末のまま、小水量の常温精製水×リンスなしで3日連日シェイク。
実験方法が前回と違うので一概にいえませんが、0.22ppmとはなかなかよい結果です。

さて正真正銘の水蒸気賦活したヤツらはといえば、、
CIMG1020.jpg
CIMG1021.jpg
CIMG1022.jpg
HANNAで2.5ppmが点滅していますのでそれ以上。。

水蒸気賦活の活性炭でもリン酸は大量にでます。
妄想どおりいきませんね・・・。ま、サンプルでよかった。


2011/02/05(土) 02:57 | コメント:6 | トラックバック:0 |
コメント

ハナアレジー :

このところアクアテンション絶好調ですね.
こちらはさっぱりです.

ローコストな吸着材って活性炭しかないんでしょうか?

しかぱっち :

ローコストな吸着剤を私も捜し求めています。UESには期待してたのですが、残念。。

hiro :

うーんやっぱどこのメーカーでも活性炭使うとリン酸がでるんですね!
ちなみに活性炭使用すると水槽内のリン酸値も上がるんですか?
水槽バクテリアVS活性炭のリン酸放出みたいな…(^^;)))

質問ばっかですいません。。

しかぱっち :

hiroさん
うーん・・理論的にはあがるはずですが、使う量が少ないので目に見えてあがるかは?です。
ROWAとかだと数日以内に取り出すことを奨めているようですがそういうことも考えているのかもしれませんね。

ヒゲオヤジ :

この実験からすると、アクア用は優秀ということでしょうか。
リン酸を放出しないローコストなしかぱっちさん作の活性炭を期待するしかないでしょうw

しかぱっち :

ヒゲオヤジさん
家で活性炭造りですか^^;マンションじゃ無理かな。。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。