プロフィール

しかぱっち

Author:しかぱっち

ダジャレ図鑑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
自己陶酔的な自動更新記事はまだ続きます。

RCPのリーフカラーのマニュアルを見てみると盲点だったのがバナジウム。(とかいろいろ)。

天然海水中のバナジウム濃度は0.002ppm。多いのか少ないのか良くわからない微妙な量ですが、
Wikiによると海洋生物にはVは豊富に含まれるらしい。特にある種のホヤの体液中には10000ppm弱にも濃縮されているらしい。窒素固定細菌でも必須元素のMoが欠乏すると、代わりにVを含む酵素が触媒として働くらしい。ちなみに本シリーズではMoは今回は無視。なぜかというとRCPのリーフカラーのマニュアルに載っていないから(そんだけ)。代替元素があるからにはそれにこしたことは無い、ってな心情です。

我が家では比較的安定な珪酸塩鉱物としてリアクターに入れてみます。

購入したのはコチラ↓
CIMG0356.jpg

カバンサイトCavansite(カバンシ石Ca(VO)Si4O10・4H2O)です。
画像ではちょっと暗く見えますが、実物はすんげー綺麗です。

まず溶けないとは思いますが、水和物だからその可能性は否定できない。
ま、いいか。。Vなんて測りようがないですし。

そういえば、かの有名なY氏が使っておられる天然海水も駿河湾産だったっけ?
富士山麓の天然水はV濃度が高いらしい。多いところでは原水で0.3ppm弱のところもあるほど。
原水では糖尿病に効く!とか擬似科学商品も多数あるけれど、
きっと駿河湾海水にはVが普通の海水より多く入っていることでしょう。
論より証拠。だからあんなに状態がいいのか~(妄想)。


2011/04/13(水) 00:00 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

Yamamotch :

残念~~
伊東で組み上げている海水なので相模湾産なんです。
自宅の水道の原水は、富士山の湧水のはずですが・・・・・RO/DIにしてわざわざ取り除いています。
先日送った例のものは、思いっきり駿河湾産ですから、Vはたっぷり入っているかもしれませんョ。

しかぱっち :

Yamamotchさん
相模湾産でしたか。仮説が棄却されちゃいましたね。
駿河湾の海水を近いうちにネタにしようと思っていたのに。ガクッ。。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。