FC2ブログ

プロフィール

しかぱっち

Author:しかぱっち

ダジャレ図鑑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
Skeletonema costatumを培養して17日が経ちました。
色は濃くなっていますが、容器の向こうは透けてみえます。
CIMG0517.jpg
ちなみに培養9日目から色はほとんど変わってません。これで完成ってトコでしょうか。

マニュアルどおりで大体7~10日で培養完了であることは間違いないようです。この時期は。
完成しているであろう培養9日目から8日も経っているので鮮度は?ですがオイニーは全くの無臭です。

早速スーパールーペにて撮影↓
DSC_0033_20110511030454.jpg
濃縮していないため被写体が捕らえにくく、いろんなアングルで試しましたがSkeletonema costatumっぽいのは見えません。

こんなふうに↓見えればベストなのですが。。スーパールーペも所詮オモチャですね。
untitled.jpg
わむし屋サイトより転載)

キートナンノも底をついてきたので、これからはこのスケルトネマを添加していきたいと思います。
期限はマニュアルだと1ヶ月以上とのこと。少なくとも1ヶ月以内に使い切りたいところです。3Lあるので毎日の添加量は100mLくらいか。
問題は濃縮していないので100mLも添加した場合、栄養塩たっぷりであろうこの培養液も大量に添加することになってしまいます。

で、培養液のリン酸濃度を測定してみました。
CIMG0519.jpg

器具をRO/DI水ですすいでから測定。
まずは我が家のRO/DI水↓
CIMG0520.jpg
0.00ppm。あれ?多少は検出するかと思いましたが、0.00?

続いてADVANTECの濾紙を通過したRO/DI水↓
CIMG0521.jpg
0.05ppm。市場でよくみる実験器具ブランドのADVANTECの濾紙でもリン酸の溶出が確認されました。あらら。。

そして、Skeletonema costatum培養液をADVANTECの濾紙で濾した液は↓
CIMG0522.jpg
画像では分かりませんが、2.50ppmが点滅しているのでそれ以上。

培養液を10倍に薄めて測定↓
CIMG0523.jpg
0.36ppmってことは原液は3.6ppm前後。精度の問題から単純には引けませんが、濾紙から溶出したリン酸を考えると3.55ppm前後。

ということで四捨五入して原液のリン酸濃度は大体4ppmくらい。
100L水槽に培養液100mLを加えても水槽のリン酸濃度は0.004ppm上昇するに留まりそうです。

次回から栄養塩たっぷりの2連結水槽はNO3-PO4-Xの添加を止めて、このスケルトネマ添加を開始してみます。





2011/05/11(水) 03:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。