プロフィール

しかぱっち

Author:しかぱっち

ダジャレ図鑑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
セイタカイソギンチャクことカーリーの染色は諦め、ウメボシイソギンチャクを入れました。

CIMG0769.jpg
(画像中の小さな管はヘビガイの仲間かと思われます。最近は石灰藻ではなくこんなのばっか殖えてます;)

小指の先ほどの小さな個体を6つ投入。
刺胞毒の毒成分はエキナトキシンequinatoxin。色々ググってみるとなかなかの毒性です。
攻撃用のアクロラジacrorhagiはまだ観察できていませんが、触手の長いカーリー相手にどこまで健闘するか?
たとえカーリーが勝ったとしても、ヒトによる化学的介入でウメボシの援護にまわればいいか。。

ウメボシイソギンチャクもポンポン殖えるらしいので、
びっしりとギガンに殖えたウメボシでカーリーを目立たなくする作戦です。
早く殖えてくれ~。



2011/08/04(木) 23:01 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

くもざる :

毒vs毒って感じですね。
なんか燃えてきます。楽しみ。
うちでも石灰藻が出なくて、ヘビガイがたくさん育ってます。
個人的にはキライじゃないですけど、
触手みたいなのがサンゴに絡まるのがウザいです。


しかぱっち :

くもざるさん
この管、刺さると痛いですよね~;;
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。