プロフィール

しかぱっち

Author:しかぱっち

ダジャレ図鑑
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
かなり前にコモンが好きでコモンづくしの時期もありましたが、
いまはAcroporaやMontiporaには心が折れ、飼育の対象は丈夫なサンゴにシフトしつつあります。

SPS水槽(レッドシーマックス130初期型)の全景はこんな感じです。レイアウトを何とかしたい。
CIMG1874.jpg
RSMの照明点灯直後の蛍光灯が一番きれいに見えるときの画像です。

大小含めSPSは29個体入っていますが、Acropora3個、Montipora5個、Porites2個、Psammocora5個、Pavona2個、Hydnophora1個、Lithophyllon1個、Turbinaria1個、Coscinaraea1個、Melurina1個、Anacropora1個、そして残る6個は全部Leptoseris、センベイサンゴです。

まずは、アバタセンベイサンゴLeptoseris mycetoseroides。もしくはウスイタセンベイサンゴLeptoseris foliosaかもしれません。
CIMG1880.jpg
幾多の劣悪環境を乗り越えつつも、健気に成長しています。
3年前の導入時からは4~5倍くらいにはなったでしょうか。当時はリュウモンと間違えていました。
超低栄養塩環境だと色が抜けてオレンジっぽくなりますが、ほどほどの栄養塩だと濃い赤になります。
いい形に成長していますし、これは何があっても落としたくないお気に入り個体です。

つぎにチヂミセンベイサンゴLeptpseris yabei
CIMG1879.jpg
ブリードものですが富栄養塩環境での現在はこんな色です。
低栄養塩環境ではもっとイエローっぽくなったときがありました。

つぎはハシラセンベイサンゴLeptoseris scabra
CIMG1888.jpg
CIMG1878.jpg
柱状の突起が特徴的です。
バックアップ用に大小2個体あり。栄養塩の多少にかかわらずあまり色変化はないように思います。
成長はきわめて遅いように思います。

これもハシラで購入したものですが、ただのエダセンベイサンゴLeptoseris gardineriかもしれません。
CIMG1884.jpg
これはあまり柱上にならない個体。低栄養塩環境ではパステルグリーンになります。
ひょっとしたら別種かもしれません。

最後にヒメエダセンベイサンゴLeptoseris papyracea
小さな個体を飼ったのですが、置くところがなくバラバラに割ってしまいました。
基本丈夫な種とは思いますが、ペラッペラでなおかつ薄いので活着に工夫が必要です。
破片をあちこちに置いていますが画像の個体は運よく(?)土台に活着したもの。
CIMG1877.jpg

センベイはAcroporaやMontiporaのように原因不明の突然白化が経験上ないだけに今のところ心が折れずに済んでいます。

以上、自己陶酔記事でした。

2012/06/25(月) 03:00 | コメント:3 | トラックバック:1 |
コメント

Yamamotch :

おつな物ですね~

しかぱっち :

Yamamotchさん
簡単で変なのばっかり探してます~。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

まとめ【煎餅尽くし】

かなり前にコモンが好きでコモンづくしの時期もありましたが、いまはAcroporaやMontiporaには心が折れ、飼

ブログ内検索
FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。